学校概要

ホーム > 学校概要 > 宮崎西高等学校附属中学校の特色

宮崎西高等学校附属中学校の特色

附属中学校は、宮崎西高の創設のことばである「未知の我を求めて全力をつくそう」及び校訓の「誠実 敬愛 創造」をうけ、6年間の中高一貫教育を通して、優れた知性と豊かな人間性を備え、日本はもとより、国際社会で活躍する人材を育成することを目標としている。

中学校の教育理念として「学ぶ 鍛える 創る」を掲げ、教育目標を「確かな学力と基本的な生活態度を身に付けさせるとともに、真善美に胸ときめく豊かな感性を育て、自ら考え、行動する、創造性のある人材を育成する」としている。

この教育目標を実現することで、「素直な心を持ち、大きな志を抱く生徒」、「他者を敬い、感動する心をもつ生徒」、「知性豊かで、自ら考え、行動できる生徒」を育てたいと考えいる。

中高6年間を、最初の2年間を基礎期、次の2年間を充実期、最後の2年間を発展期ととらえ、校歌の1番から3番の冒頭にある「立て 飛べ 行け」をキャッチフレーズとして掲げている。

教育目標の実現のために、「知性を育む教育」、「人間性を育む教育」、「創造性を育む教育」を柱として掲げ、特色ある教育活動を行っています。

特色ある教育内容

  1. 中学校の学習内容に加え、高校の学習内容の一部を発展的な学習として取り入れている。また、数英理の内容については、高校での学習へのつながりから中1の授業はどうあるべきかを考え、高校の教師も授業を担当し、互いに学びあいながら授業を行っている。
  2. 特色ある教育活動として、サイエンスとプレゼンテーションという授業を、通常の年間授業時数980時間に加え、学校裁量の時間を活用して週2時間、年間70時間行っている。
  3. サイエンスでは、科学の分野に関係のある数学の内容について、発展・応用的な学習、数学オリンピック等への参加を念頭においた学習を行っている。
  4. プレゼンテーションでは、総合的な学習の時間などでの研究成果を英語で発表できるようにさせるなど、英語を自由に使いこなすための学習を行っている。
  5. 「探究」では、科学分野に関する内容をもとに、自ら課題を発見し、自力でその課題を解決できる力を育てる授業を行っている。
  6. 「感性」では、我が国の古典の学習や詩歌の創作、我が国の文化や郷土に関する学習を通して、人間性を豊かにし、感性を磨いている。

この「探究」と「感性」の時間では、宮崎大学をはじめ外部に講師を依頼している。これまでの「探究」では、宮崎大学の先生を中心に、DNAや環境問題など最新のトピックスについて、実験などの体験活動を取り入れながら指導していただいた。

充実した学習を行うための取組

  1. よりきめ細かな指導としまして、英語と数学を中心に、少人数による指導や習熟度に応じた指導。
  2. 選択教科では、数学、英語に重点を置いた授業。
  3. 自習室を用いて自学自習ができるの環境を整えるとともに、水曜日と木曜日を除いて放課後の25分間を「スタディーサポートタイム」として設定し、英会話を中心に、ドリル学習、教育相談など、学習支援のための時間としている。
  4. 学習支援体制をさらに充実させるために、夏休みや冬休みなどの長期休業中を活用して学習をサポート。
  5. 中学卒業までに英検準2級を全員取得することを目指す。

各種コンクールや大会への参加

数学、理科、作文、英語弁論等の各種コンテストに積極的に参加するとともに、昨年度は、文化面では、生命保険文化センター主催の全国中学生作文コンクールで全国中学校長会賞をはじめ、多数の作文コンクールに入賞している。また、青少年の主張県大会2位、宮崎市英語弁論暗唱大会最優秀賞を受賞した。本年度は、全国水の作文コンクール優秀賞を始め、運動面では、2012年に行われた宮崎県中学校総合体育大会水泳競技で1年生ながら100mと200mバタフライで1位を獲得し、九州大会に出場するなどの成果を出している。

特色ある学校行事

  1. 中高一貫のよさを十分生かすために、文化祭や体育祭など、できるかぎり高校と一緒に実施している。また中学生という発達段階等にも十分配慮しながら中学校独自の行事にも様々な工夫を凝らし、主に体験的な活動を通して人間性を育みたいと考えている。
  2. 1年生の5月にはむかばき青少年自然の家での集団宿泊体験を実施し、講師を招いて野外観察・自然体験を行った。さらに2年生では11月に体験研修型の修学旅行、3年生では屋久島・種子島での学習(先端科学、自然探求)を行なっている。
  3. 「一流を目指す」ために、大学や研究機関、博物館や美術館、地域の人材など都市部の教育資源を最大限に活用して、一流の人やものにふれる機会を設け、個性の伸長を図っている。

部活動

文化部として、吹奏楽部、理科部、囲碁・将棋部、美術部を、運動部として硬式テニス部、ソフトテニス部、バスケット部、剣道部、水泳部、サッカー部、陸上部を開設している。

このページの先頭へ